40代50代薬剤師の転職はどうなの?

薬剤師転職 > 薬剤師の転職で年齢制限はあるの?

薬剤師の転職で年齢制限はあるの?

薬剤師として働いている中で、現在の職場に満足できなくなるケースも少なくないかと思います。これは社会人であれば誰でも経験することですし、薬剤師の場合は病院や薬局、ドラックストア、どのような職場で働いていていても、やはり「今以上のやりがい」を求めずにはいられないケースがあることでしょう。
薬剤師転職サイト

また、業務に慣れて心に余裕ができ、自分の将来について考えることが増えてくると、年収や福利厚生に対する不満や悩みが生じることもありますし、より良い未来を掴むためにできることは何か、真剣に考えるようになることも多くなります。

こういった時、自分の夢や希望を叶えるために転職を検討する方も多いことでしょう。しかしながら、この時に気になるのが「年齢」です。薬剤師は一生続けることができる職業だと言われていますが、一般的には年齢が高くなればなるほど薬剤師転職・再就職のハードルは上がりますし、年齢制限のために希望した求人へ応募することすらできない場合もあります。

かつては「薬剤師は年齢よりも実務経験が重視される」という時代もありましたが、現状、薬剤師業界は他の業界と同様に、年齢が上がるほど転職は難しくなっています。この背景には、「薬剤師免許取得者の数が過剰になりつつある」ことがあるとされています。

この数年、国内の薬剤師は慢性的に不足していたため、かつてないほどの「売り手市場」が形成され、薬剤師の就職・転職のハードルは低くなっていました。しかし、規制緩和によって、大学部の薬学部、薬科大学が増加したことによって、今後、薬剤師免許所持者の数が急増することが予想されています。更に、登録販売者制度の開始によって、薬剤師免許の有用性や強みが薄れつつあるというのが現状もあります。

こういった要因が重なり、今後、薬剤師の転職・再就職は厳しくなると考えられ、中高年対象の求人数も減少に転ずると考えられています。こういった状況において、少しでも転職・再就職を有利に行うためには、自分自身のスキルや経験、優位性を強調するため、向上心を持って自分を磨くことが重要となります。

秋田県薬剤師会